Q
Back

お客様の声:DevOps無料体験会 “The Phoenix Project”

「The Phoenix Projectシミュレーションゲーム」の無料体験会を開催しました。

2018年10月19日(金)にDevOpsの無料体験会を開催しました。様々な会社様から13名様ご参加いただきました。異なる企業のみなさんが一同に会し、最初は少し緊張されていましたが、ゲームが始まるとすぐに意気投合し楽しくご参加いただけました。

各ゲームの間に行う「振り返りの」中で誰からともなく様々な意見が出され、それを適用してどんどん改善していく様子は圧巻でした。ゲームでは改善が企業の成果(売上と株価のV字回復)に直結することが見えるので、回を重ねるごとに新たな発想が生まれ、全員がコラボレーションし、見える化し、改善し・・・あっという間にDevOpsの文化(カルチャー)が形成されていきました。

※ゲームの様子は後半の写真をご参照ください。

「The Phoenix Project」とは

DevOpsを進めると組織にどのような変革が起こり、ビジネスの成果に結びつくのかを物語形式でまとめた、DevOpsのバイブル的書籍の一つです。この物語の中で、危機に瀕する企業を救うための一大プロジェクトの名称が「The Phoenix Project(ザ・フェニックス・プロジェクト)」。いかに開発(Dev)と運用(Ops)がビジネス側(Biz)とも連携しながら一丸となって会社の危機を乗り越え、CEOの無理難題もクリアしながら、このプロジェクトを成功させ、そして企業のV字回復に貢献するかが描かれています。

「The Phoenix Project シミュレーションゲーム」とは

GamingWorks社が開発した、上記の書籍を元にしたシミュレーションゲームです。書籍に描かれたDevOpsに関する事項である、改善する文化、部門横断的な協働、見える化、自動化といった要素をたった1日で体験できます。

対象者

  • これからDevOpsを学んでみよう、始めようと考えている人
  • 既にDevOpsを学んでいる、または実践しているが、より実感として広く体験してみたい人
  • DevOpsを推進しているが、これからのメンバーに伝える方法を模索している人
  • 「DevOpsファンダメンタルズ」研修※を受講する前に感覚をつかみたい人
  • 「DevOpsファンダメンタルズ」研修※を受講した後に体験を通して知識を整理し、復習したい人

※DevOpsファンダメンタルズ研修とは、DevOpsの基本的な知識を学習する研修です。

時間割(ゲームは4ラウンドで構成されています。)

午前

イントロダクション
ラウンド1(準備、実施、採点、振り返り)
ラウンド2(準備、実施、採点、振り返り)

午後

ラウンド3(準備、実施、採点、振り返り)
ラウンド4(準備、実施、採点、振り返り)
まとめ

「The Phoenix Projectシミュレーションゲーム」の実施風景

ROUND 1
チームごとに分かれて相談。

ビジネス側の部長達が、IT部門のアプリケーション開発や運用担当に指示を出しに来ている。

ROUND 2
「見える化しよう!」という意見が出たことで、壁にカンバンを描き始め、人が集まり出す。

カンバンを中心に人が集まり、手前のテーブルにはほとんど人がいなくなっている。

ROUND 3
「もっと効率的に管理するには?」の工夫で、なんとカンバンを床に作ることに!

DevとOpsの壁は完全に越えて、「一緒に考える一つのチーム」が形成されている。

「みんなが連携を取りやすいように。」机の配置も、最初とは全く異なるものになっている。

ラウンドごとに、その結果が集計されてプロジェクターで表示される。
よし、売上も株価も順調に上がってきている!

ROUND4
「緊急のインシデントが発生したから、このプロジェクトは優先度を下げよう。」
「このプロジェクトってあと何が必要?」
「そっち、工数余ってる?」「大丈夫!」
靴も脱いで、カンバンの上を縦横無尽に動きながらコミュニケーションをとって行く。

プロジェクトごとに横串で進捗を管理し、役割/機能ごとに縦串でのリソースを管理する表を工夫。

大成功!!
売上目標も達成し、株価も目標までV字回復しました。
みなさん、おつかれさまでした!!

最後に一言ずつコメントしていただきました。

この他にも、以下のような感想をいただきました。

  • 見える化をして情報共有をしたことでみんなが全体を把握できるようになり、その結果、役割を越えた仕事ができボトルネックを解消できたと思います。これにより進捗や成果が劇的に変わったのが印象的でした。
  • 改善する中で、全体の理解と自分が何をすべきかの理解が進み、更に、仕事の流れ(プロセス)ができてきたので、後になればなるほど余裕ができてきました。
  • 大部屋で(同じ場所に全員が集まって作業して)関係者全員でコミュニケーションをできたのが成功要因だと思います。
  • 毎回全員が手を止めて、振り返りと改善案について話し合う機会を持つことが大切だなと感じました。この継続的な振り返りが無かったら、きっと成功していなかったと思います。
  • 同じ仕事(プロジェクト)に従事している全員で一緒にこのゲームに参加すると、関係者の意識やDevOpsに対する共通理解が形成されて効果的ではないかなと思いました。

DevOpsを実践されている方も、これから検討する方も参加されていましたが、みなさん満足していただけたように感じています。是非、明日からのお仕事に役立ててください。
ご参加ありがとうございました!

Tags
ITIL