Q
Back

SIAMプロフェッショナル受講者の声

「テキストの補足説明が詳しく、講義と演習が具体的で理解が進みました。」

日本クイントはSIAMプロフェッショナルコースをリリースしました。

SIAM®:サービスをインテグレート(統合)し管理する

日本クイントでは、マルチソーシングが進む現代のお客様の課題を解決するフレームワークの一つとして、SIAM®(Service Integration And Management®)の研修とコンサルティングを提供しております。
特に研修では、基礎コースだけでなく、上位コースの提供も開始いたしました。現在、以下の2コースを展開しております。

  • SIAM® ファンデーション
  • SIAM® プロフェショナル

今回は、上位コースである「SIAM® プロフェッショナル研修」に参加いただいた皆様の声をまとめました。

左から

日本ユニシス株式会社 坪井 優介 様
伊藤忠テクノソリューションズ株式会社 不破 治信 様
株式会社エヌ・ティ・ティピー・シーコミュニケーションズ 中原 健治 様
【講師】日本クイント株式会社 三浦 重郎
株式会社富士通エフサス 中川 麻美 様
東京海上日動システムズ株式会社 平川 歩 様
【サブ講師】日本クイント株式会社 益子 隆司

研修の動機と結果

  • SIAM®ファンデーションでSIAM®のコンセプトや概要は理解できたのですが、より具体的な進め方を知りたいと思い受講しました。まさしく「SIAMの導入ステップの詳細」が受講内容に盛り込まれており、具体的に理解できて満足しています。
  • SIAM®ファンデーションを受講し、SIAMの詳細について興味を持ちました。今回SIAM®プロフェッショナルを受講して、サービスインテグレーターの行動イメージがより明確になりました。
  • 経営方針を含め、社内外の最新の動向から、「DX(デジタルトランスフォーメーション)」「サービスクリエーション」などのキーワードが注目されています。新しい言葉に表面的に踊らされるのではなく、その根底にある考え方や実環境への展開(あるべき姿)などを調査し整理する目的で受講しました。今回の受講を通して、「サービスインテグレーション」「エコシステム」の考え方がこれらにマッチするなと感じました。また、具体的な進め方がイメージでき、非常によかったです。
  • SIAMの活用方法を学び、ファンデーション以上に理解を深めたいと思い受講しました。実際、例示説明がたくさんあり、活用イメージが深まりました。
  • 自社のアウトソーサー管理にSIAM®を活用したいと考え、受講しました。SIAM®プロフェッショナルBOKの内容を知ることで、導入・活用の具体的なイメージを持つことができ非常に満足しています。

研修内容の良かった点

  • 現状のアウトソーシングの状況の把握するアセスメントのワークショップがとてもよかったです。私はサービスマネージャですが、今後、サービスインテグレーターとして顧客にSIAM®導入を提案することもあると考えています。その場合には、導入前に顧客の環境を絵にまとめることが、(自分達にとっても顧客の理解を進める上でも)とても役立つと思いました。
  • マルチソーシング環境における課題の解決策が体系的に理解できる点が良かったです。
  • BOKが文章のみで図が無いので、具体的なイメージがなかなかわかなかったのですが、テキストに図で説明があり、また、ロードマップやフロー、プロセスや手法のイメージについて詳しい説明や具体的な演習があり、理解を深めることができた点が非常によかったです。
  • SIAM®の導入、活用が具体的にイメージできるようになった点です。
  • SIAM®の必要性と重要性を理解でき、活用のための理解が深まった点がよかったです
  • インテグレーションとマネジメントの重要性やポイントを体系立てて学べることができて良かったです。

どのような人に勧めたいですか?

  • ユーザー企業の情報システム部門のマネージャ、IT戦略の立案や実行に関わっている人、経営企画部門
  • 情報システム子会社のマネージャ
  • IT企業(アウトソーシングを請け負う企業)の責任者、サービスマネージャ、プロジェクトマネージャ、提案支援メンバー

SIAM®全般(ファンデーションとプロフェッショナルの両方)について役立つと感じている点を教えてください。

  • マルチソーシング環境におけるベンダーマネジメントで困っている顧客は多いので、SIAM®の考え方を顧客へのお土産にしたいと思います。
  • SIAM®を理解し行動できるサービスマネージャを育成し、サービスマネージャの付加価値(従来のサービスマネージャとの差別化)にしたいと考えています。
  • サービスインテグレーターの役割を含めた全体の構成が、今後のサービス提供の中で役立つと感じています。
  • プロバイダ(特に外部)との相互理解を深めるために使える考え方だと感じています。

みなさん非常に積極的に参加いただき、ありがとうございました!

連絡先

より詳しい情報はinfo_japan@quintgroup.comまでお問い合わせください。​