Q
Back

リーンIT:ただの流行か次 のレベルなのか?

リーンの考え方は製造業で成功を収めており、直感的にはITに適用できるように思われる。

しかしながら、製造組織とIT組織の違いのため、リーンITの原則を成功裏に実現するには微調
整が必要である。

本稿では、リーンITを実際に適用する際のいくつかの方法を説明する。リーンの考え方は、製
造業において数十年間に渡って使われ発展し、現在はその原則がサービス分野の組織に採用さ
れている。

また、21世紀になってから、リーンの原則をIT組織に適用しようとする要求は、ますます高
くなっており、抵抗できない流れになっている。

この変化を押し進める最も重要な要因は、IT組織が必要なサービスを適切な方法で提供する能
力がないということを繰り返し露呈してきたことである。

ITIL®やCMM、COBIT、その他のプロセスモデルやコントロールモデルを使用した改善の試
みにもかかわらず、ITは相変わらず同じ事態を起こしていると顧客からは見られている。

問題は、これまでに行ってきたビジネスがますますITに依存するようになったことである。
結果として、リーンの考え方を本業に適用した組織では、“リーンが本業にとって有益なら
ば、ITにとっても疑いなく有益なはずだ”と言われることになる。

この後で本稿で見るように、このアイディアは正しいが、成功させるためには、リーンITを使
用する方法に幾分の調整が必要になる。

ホワイトペーパーのダウンロード​
Whitepaper Request (JP region)
連絡先

より詳しい情報はinfo_japan@quintgroup.comまでお問い合わせください。​