Back

ソーシング・ガバナンス・ファンデーション(SGF)

概要

グローバルで共通的に使用されているイン/アウト・ソーシングに関する基本概念やキーワードを理解することは、ますます加速しているグローバル化に対応する上で非常に重要なことです。
アウトソーシング戦略の立案から始まり、アウトソーサーの選定、契約、移行までのアウトソーシング・プロジェクトの進め方や、その後のガバナンスについて、グローバルで通用するフレームワークを学習します。

目的

  • ソーシングとソーシング・ガバナンスに関する原則や概念を理解する
  • ソーシングとソーシング・ガバナンスで使用する用語を理解する
  • アウトソーシング・プロジェクトの進め方についての主要なベストプラクティスを学習する
  • アウトソーシング後のガバナンスのための主要なベストプラクティスを学習する
  • ソーシング・ガバナンス・ファンデーション認定試験の受験準備を行う

トピックス

  • アウトソーシングとガバナンス
  • ソーシング戦略
  • デュディリジェンス
  • サービスの契約締結とトランジション(移行)
  • デマンド・サプライ・ガバナンス
  • 模擬試験、試験対策

授業形態

講義と協議(ディスカッション)を組み合わせたインタラクティブなアプローチで理解を進めます。
講義では、職場で実際に発生しうる具体的な事例を提示しながら説明を行い、積極的な説明や発表の場を設けながら進めます。
また、充実した試験対策も行います。

期間

2日

コース開催場所

弊社、貴社、その他の会議室

言語

日本語、英語

参考資料

本コースには追加の必須参考資料はありません。

試験

  • 40問、多肢選択式、60分
  • 正答率70%以上(40問中28問以上)正解で合格
  • 教科書等の持ち込み不可

受講条件

特にありません。ITアウトソーシングに関する知識や経験があればより理解しやすいです。

単位

  • IAOPのCOP認定資格体系の25認証ポイント(試験に合格し、認定証を取得した時点で。2年間有効。)
  • 14PDU(2日間のコース出席を全うした時点で)※PDUとは、PMI®(Project Management Institute:プロジェクトマネジメント協会)のProfessional Development Unitを指します。

対象者

IT業界のクライアント側およびプロバイダ(アウトソーサー)側のどちらの立場の方でも。アウトソーシングの経験の有無は問いません。

Request more information

In-company request
Please take a look at our Privacy Policy to see how we collect and protect your data.