研修と認定

DevOps プロフェッショナル ~Enable & Scale~

概要

DevOpsの実践力を身に着ける

DevOpsを適用するには、継続的デリバリ―やアジャイル開発といった技術的なスキルを習得するだけでは充分ではありません。

  • 現場で働く技術者にどのようなマインドセットを持ってもらうか
  • どのようにチームを構築するか
  • リーダーはどのような動き方をするか

といったヒューマンスキルが技術的なスキルと同程度に重要です。

 本コースは、このようなDevOpsを現場で実践するために必須となるヒューマンスキルに焦点を当てたものです。DASAが定義している12のスキルエリア・知識エリアのうち以下の4つの側面を対象としています。

  • 勇気
  • チーム構築
  • DevOpsリーダーシップ
  • 継続的改善

 本コースを受講することにより、DevOps ファンダメンタルズコースで得た知識を現場で適用するために必要となるうスキルを習得することができます。

学習目標

  • DevOpsカルチャーの特徴や重要性と、カルチャーに影響する4つの側面を説明できる。
  • 実験のために、なぜ勇気、信頼などが不可欠かを理解する。
  • DevOpsカルチャーにおけるさまざまな振舞いを評価できる。
  • 優れたDevOpsチームを編成し、その成熟度を評価する方法を理解する。
  • バリューストリームを分析し、スループットとフローを向上させる方法を理解する。
  • 継続的改善のツールを利用できるようになる。

対象者

ITに関わる全ての方。

  • DevOpsに興味のある方
  • DevOps推進者
  • プログラマー/アプリケーション開発者
  • システムの設計・開発者
  • テスト担当者
  • 運用、保守、メンテナンス担当者
  • 品質管理者
  • サービスマネージャ
  • IT企業の営業
  • プロダクトオーナー
  • プロジェクトマネージャ
  • スクラムマスター

スケジュール概要

※時間配分や講義の順序は変更することがございます。

内容(講義と演習)

1

  • イントロダクション
  • チーム構築
  • DevOpsリーダーシップ

2

  • 勇気
  • 価値中心・顧客中心の行動
  • 継続的改善

3

  • 試験対策
  • 試験

資格試験
DevOps プロフェッショナル ~Enable & Scale~試験
※APMG社提供の試験です。

問題形式 : 選択式
問題数 : 12問
合格基準 : 正解率60%以上 (60点中36点以上)
試験時間 : 45分間

受講後に取得できる単位
PMI® PDU: (現在申請中)
Technical(-)、Leadership(-)、Strategic(-)

前提条件
必須条件:必須条件:DASA DevOps Fundamentals資格を取得していること。

期間
2.5日間

提供形態
集合研修

お問合せ

Contact form (JP region)

注目のコース

DevOpsファンダメンタルズ

DevOpsのための基本コンセプトや主要な用語、手法、ツールについて学習するコースです。当コースは、DevOpsの基本的な考え方や概念...

詳細情報

ITIL® 4 ファンデーション2.5日研修(初級者向け)

本コースは、ITSMとITIL®(ITIL 4)の基本的な概念、用語等について共通理解を持つことを目指すエントリーレベルのコースです...

詳細情報

リーンITファンデーション

リーンが、改めてIT業界でも注目され始めています。ITSM(ITサービスマネジメントやPM(プロジェクトマネジメント)を始め、DevOpsやアジャイルを進...

詳細情報