研修と認定

DevOpsファンダメンタルズ

概要
DevOpsの基礎を学ぶ
DevOpsのための基本コンセプトや主要な用語、手法、ツールについて学習するコースです。当コースは、DevOpsの基本的な考え方や概念、用語についての共通理解を持つことを目指す、エントリーレベルのコースです。ツールや自動化等の技術的な話題やアジャイル、リーン等の手法だけでなく、文化、コミュニケーション、コラボレーション、インテグレーション等、網羅的にフレームワーク化されているのが特徴です。DevOpsを採用することにより、ビジネスニーズに合致した設計と開発・デプロイメント・運用を迅速に提供する能力が改善されます。これにより、顧客満足の向上、品質向上、迅速なサービスの提供、よりよいコスト削減を目指すための基礎知識を学習します。

学習目標

  • 事業およびITの観点から、組織は何故DevOpsを採用するかを説明できる
  • DevOpsの重要な概念、原則を定義し協議できる
  • DevOpsと、その他のリーンやアジャイルなどの手法との関連を説明できる
  • 重要なDevOpsのプラクティスを説明できる
  • テストの自動化、インフラストラクチャの自動化、ビルドおよびデプロイメントの自動化の概念を説明できる
  • DevOpsでの役割、チーム、組織構造を含むDevOps組織の考慮事項を説明できる
  • どのようにDevOps文化を取り入れるかを説明できる

対象者
アジャイル、DevOpsを理解しようとしている方。
社内にアジャイル、DevOpsを展開していこうとしている方。
アプリケーションの要件決定等に関わる事業部門の方。

  • DevOps推進者
  • アプリケーション開発者
  • システムの設計、開発者
  • テスト担当者
  • 運用担当者
  • 保守担当者
  • プロジェクトマネージャ、オーナー
  • サービスマネージャ、オーナー
  • プロダクトオーナー

スケジュール概要
※時間配分や講義の順序は変更することがございます。

内容(講義と演習)
1
  • コースの紹介
  • DevOpsイントロダクション
  • カルチャー
  • 組織
2
  • 組織(続き)
  • プロセス
  • 自動化
3
  • 自動化(続き)
  • 測定と改善
  • まとめ
  • 模擬試験
  • 試験

資格試験
DevOps ファンダメンタルズ試験 ※APMG社提供の試験です。
問題形式 : 選択式
問題数     : 40問
合格基準 : 正解率65%以上 (40点中26点以上)
試験時間 : 1時間

受講後に取得できる単位
PMI® PDU: 21
Technical(21)、Leadership(0)、Strategic(0)

前提条件
必須条件:特にありません。
推奨条件:数年間のIT関連の業務経験があることが望ましい。

期間
3日間

提供形態
集合研修

お問合せ

Contact form (JP region)

注目のコース

SIAM® ファンデーション(サービスインテグレーションとマネジメント)

複数のサービスプロバイダから複数のサービス提供を受ける環境において、それらのサービスを統合(インテグレート)するためのSIAM®の概念...

詳細情報

ITIL® 2011 ファンデーション

本コースは、ITSMとITIL® (2011 edition)の基本的な概念、用語等について共通理解を持つことを目指すエントリーレベルのコースです...

詳細情報

リーンITファンデーション

リーンが、改めてIT業界でも注目され始めています。ITSM(ITサービスマネジメントやPM(プロジェクトマネジメント)を始め、DevOpsやアジャイルを進...

詳細情報