研修と認定

リーンITファンデーション

概要
リーンITの基礎を学ぶ
リーンが、改めてIT業界でも注目され始めています。ITSM(ITサービスマネジメントやPM(プロジェクトマネジメント)を始め、DevOpsやアジャイルを進める上での基本として広まりを見せています。
本コースでは、リーンITの基本概念と用語、主要な手法について学習します。

学習目標

  • リーンの考え方と、リーンをどのようにITに適用するかを理解する
  • お客様の価値観を分析し、VOC(お客様の声)をプロセスに転換できるようになる
  • お客様の価値、バリューストリーム(価値の流れ)、フロー、プル、完璧等のリーンの概念を理解し、活用できるようになる
  • VSM(価値の流れ図)でプロセスを診断し、改善できるようになる
  • DMAICを用いて問題解決ができるようになる
  • リーンな組織ではどのような振る舞いと態度が不可欠であるかを理解する

対象者
IT組織に携わる方。
特に、効率化や品質向上を目指されている方。また、DevOpsを理解しようとしている方にも有効です。

  • 初級技術職全般
  • サービスデスクの担当者、マネージャ
  • インフラストラクチャ技術者、運用保守担当者、マネージャ
  • アプリケーション開発者、運用保守担当者、マネージャ
  • IT企画担当者、マネージャ
  • サービスマネージャ、オーナー
  • プロセスマネージャ、オーナー
  • 品質保証担当者、マネージャ
  • ITコンサルタント
  • IT部門以外のスタッフ、部門長

スケジュール概要
※時間配分や講義の順序は変更することがございます。

内容(講義と演習)
1
  • はじめに
  • リーンの概要
  • お客様、VOC(お客様の声)
  • プロセス
  • VSM(価値の流れ図)
2
  • パフォーマンス
  • 組織
  • カイゼンによる問題解決
  • 振る舞いと態度
  • 試験対策
  • 試験

資格試験
リーンIT ファンデーション試験 ※APMG社提供の試験です。
問題形式 : 選択式
問題数     : 40問
合格基準 : 正解率65%以上 (40点中26点以上)
試験時間 : 1時間

受講後に取得できる単位
PMI® PDU: 14
Technical(0)、Leadership(0)、Strategic(14)

前提条件
必須条件:特にありません。
推奨条件:数年間のIT関連の業務経験があることが望ましい。

期間
2日間

提供形態
集合研修

お問合せ

Contact form (JP region)

注目のコース

DevOpsファンダメンタルズ

DevOpsのための基本コンセプトや主要な用語、手法、ツールについて学習するコースです。当コースは、DevOpsの基本的な考え方や概念...

詳細情報

SIAM® ファンデーション(サービスインテグレーションとマネジメント)

複数のサービスプロバイダから複数のサービス提供を受ける環境において、それらのサービスを統合(インテグレート)するためのSIAM®の概念...

詳細情報

ITIL® 2011 ファンデーション

本コースは、ITSMとITIL® (2011 edition)の基本的な概念、用語等について共通理解を持つことを目指すエントリーレベルのコースです...

詳細情報