クイント

オンライン研修コースのお申込み

    オンライン研修コースをお申込みいただく前に、必ず以下の3点をご確認の上、お申し込みください。

  • オンライン研修とオンライン試験では、本人確認のために本人確認資料をご用意いただく必要があります。本人確認資料として使用できるものは、写真付きの公的な資料(パスポート、自動車運転免許証、マイナンバーカード)です。
  • オンライン研修とオンライン試験、両方のシステム要件をご確認ください。万が一、オンライン試験が何かしらの理由で不可能な場合は、救済措置をご用意しております。救済措置で受験できるかどうかご検討ください。
  • お申込手続きは、お支払い方法により変わります。お支払い方法は以下に説明する2つのパターンがあります。ご都合のよいお支払方法をご選択ください。

【オンライン研修のシステム要件】

ZoomGoogle Meet2種類です。日程によりどちらかを使用します。

共通事項

下記のシステム要件は必ずご確認の上、Internet通信環境とマイク、スピーカー、カメラが接続されている端末をご用意ください。

※オンライン研修は、会議室ツール(ZoomやGoogle Meet)のカメラ画像、画面共有や音声の機能を使用して行います。

  これらの機能が滞りなく使用できる通信できる環境が必要となります。

推奨システム要件は下記の通りです。(2020年5月20日時点)

【Zoom】

【Google Meet】

【オンライン試験について(システム要件等)】

【支払方法】
1)個人支払:個人名義で支払う場合。
個人で建て替えて、後日、所属組織に請求する場合も含まれ、弊社指定口座への前払となります。

2)法人支払:所属組織が支払う場合。
研修後、弊社から請求書を送り、請求書に基づいて弊社指定口座へ振込んでいただきます。

個人支払

個人支払

<お申込み方法>
下記の情報を添えて、info_japan@quintgroup.comにお申込みください。(*は必須項目)
・貴社名
・部署名
・ご氏名(漢字)*
・ご氏名(ローマ字)*

本人確認資料としてパスポートを使用する場合は、パスポートの表記と合わせてください。

・電話番号*
・メールアドレス*
・ご希望のコース名と日程*
・領収書送付先住所

※領収書を希望される方は領収書送付希望先住所もご連絡ください。
領収書のあて名はお申込み時のご氏名になります。
変更をご希望される方はご連絡ください。

法人支払

法人支払
<お申込み方法>
下記の情報を添えて、info_japan@quintgroup.comにお申込みください。(*は必須項目)
・貴社名*
・部署名*
・ご氏名(漢字)
・ご氏名(ローマ字)*

本人確認資料としてパスポートを使用する場合は、パスポートの表記と合わせてください。

・電話番号*
・メールアドレス*
・ご希望のコース名と日程*
・請求書送付先*

部署名*
ご担当者名*
(郵送の場合)住所
(PDF版電子ファイルの場合)メールアドレス

【禁止事項】

・研修(講義、試験含む)はいかなる方法でも録画およびスクリーンショットの取得を禁止します。

・研修で使用するコンテンツ(テキスト類)は、本人の自己学習の目的でのみ使用可能です。内容のコピー、転用、転載、転送、公開を含む二次利用を固く禁止します。

※弊社研修・試験をお申込み/ご注文いただいた時点で、上記に合意いただいたこととし、万が一違反された場合には受講生および所属組織に対して法的措置を取らせていただく事もございます。あらかじめご理解ください。

【注意事項】

<締切とキャンセル>

・申込締切はコース開始日の12営業日前の18:00です。但し、定員に達した場合は、その時点で締切となります。

・コース開始日の12営業日前の18:00以降のキャンセル・日程変更は、受講料の全額をお支払いいただきます。

・コースの開始終了時間は、9:30~18:00を予定しています。尚、コースやレッスンによって多少前後する可能性がございます。詳細は開催確定時にご連絡いたします。

<オンラン研修ツールの接続とサポート>

・オンライン研修の場合、前日までに接続テストを実施してください。研修初日は、余裕をもって接続することをお勧めします。

・オンライン研修初日の朝から接続できない受講生がいらっしゃる場合、講師が9:45まで対応いたします。9:45まで対応しても接続できない場合、その期間の受講は基本的に諦めていただき、後日の他の日程にお申込みください。

※法人申込の場合、研修費用(講義+試験)はキャンセルポリシーに基づき請求いたします。

※個人申込の場合、事前にお振込みいただいた金額は、キャンセルポリシーに基づき返金致しません。

<試験>

・試験会社より本人確認が行われます。

・本人確認資料として使用できるものは、写真付きの公的な資料(パスポート、自動車運転免許証、マイナンバーカード)です。

・試験の手続きで必要となるため、本人確認資料と同じ氏名をご提示ください。尚、本人確認資料としてパスポートを使用する場合は、お申込み時の氏名にアルファベット表記を添えてください。

・ITIL®の当日の試験監督は、日本語話者が対応します。

・ソーシング・ガバナス、リーンIT、DevOps、SIAM™、アジャイルスクラムの当日の試験監督は、英語話者が対応します。